読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apache Drill 今日の一言 (MOTD)

この記事は Apache Drill Advent Calendar 2015 の1日目の記事です。

Drill のフロントエンド(シェル)である sqlline を起動すると、プロンプトの前に短いメッセージが表示されます。

$ sqlline -u jdbc:drill:zk=local
Dec 1, 2015 2:13:59 AM org.glassfish.jersey.server.ApplicationHandler initialize
INFO: Initiating Jersey application, version Jersey: 2.8 2014-04-29 01:25:26...
apache drill 1.3.0 
"this isn't your grandfather's sql"
0: jdbc:drill:zk=local>

これはいわゆる MOTD (Message of the Day) と呼ばれるもので、起動のたびにランダムに選ばれたメッセージが出てきます。

「これはお前のおじいちゃんの時代の SQL ではない!」

あれ、SQL ってそんな古い時代からあったっけ?(笑)

さて、何度も起動してみると色々なメッセージが見られます。

"drill baby drill"
(掘れ!掘れ!)

これ、元ネタはアメリカの共和党の副大統領候補だったサラ・ベイリンが2008年から2010年頃に油田をもっと掘れ!というスローガンで使ってたフレーズらしいです。

"a drill in the hand is better than two in the bush"
(どこぞの複数ツールをあれこれ求めるより手元のDrillのほうがいいよね!)

これは元のことわざとしては “a bird in the hand is better than two in the bush” で、意味は「二兎を追うものは一兎も得ず」に近いものだと思いますが、「これまで色々なソフトを使ってデータを集めて加工してたけど Drill ならこれ一つで十分だ」というような世界観を表していていいですね。

Drill を立ち上げるたびに出てくる、遊び心のあるメッセージは何とも和みますね。皆さんもどんなメッセージが出てくるか楽しみにしてみましょう!