読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クエリプランの見かたとハッキングの方法

この記事は Apache Drill Advent Calendar 2015 の19日目の記事です。

SQL が動いて正しい結果が返ってくればよい、というのであれば必要ないのですが、パフォーマンスが気になり始めたらクエリプランとプロファイルを調べていく必要が出てきます。

SQL が発行されると、Drill はクラスタ構成やデータソースに関する統計情報をヒントに、これを論理プラン→物理プラン→実行プランに展開していきます。Drill のクエリの実行の様子については下記の記事を参考にしてください。

クエリの論理プランと物理プランは、EXPLAIN コマンドで確認することができます。ただし、実行プランについては見ることができませんので、確認したい場合には Drill の Web UI でクエリプロファイルを見る必要があります。

さて、まず論理プランは SQL のオペレータを Drill のパーサが論理オペレータに変換することで作られます。ここでのポイントは、論理プランには実際のクラスタ構成やデータに基づく並列化や最適化などが含まれないという点です。

下記は論理プランを表示した例です。EXPLAIN に WITHOUT IMPLEMENTATION をつけることで論理プランの表示になります。下から上の方向に、JSON ファイルのスキャン、フィルタリング、グループ集計、プロジェクションが順に行われることが分かります。

0: jdbc:drill:zk=local> EXPLAIN PLAN WITHOUT IMPLEMENTATION FOR SELECT type t, COUNT(DISTINCT id) FROM dfs.`/tmp/donuts.json` WHERE type='donut' GROUP BY type;
+------------+------------+
|   text    |   json    |
+------------+------------+
| DrillScreenRel
  DrillProjectRel(t=[$0], EXPR$1=[$1])
    DrillAggregateRel(group=[{0}], EXPR$1=[COUNT($1)])
    DrillAggregateRel(group=[{0, 1}])
        DrillFilterRel(condition=[=($0, 'donut')])
        DrillScanRel(table=dfs, /tmp/donuts.json, groupscan=[EasyGroupScan [selectionRoot=/tmp/donuts.json, numFiles=1, columns=[`type`, `id`], files=[file:/tmp/donuts.json]]]) | {
  "head" : {
    "version" : 1,
    "generator" : {
    "type" : "org.apache.drill.exec.planner.logical.DrillImplementor",
    "info" : ""
    },
    "type" : "APACHE_DRILL_LOGICAL",
    "options" : null,
    "queue" : 0,
    "resultMode" : "LOGICAL"
  }, ...

一方、物理プランは Drill のオプティマイザが様々なルールを元にオペレータや関数の再構成を行った後の最適化されたプランです。物理プランはクエリの実行パフォーマンスに大きく影響を与えるため、意図通りに物理プランが作成されているか、もしくはさらに最適化できる余地がないかどうかを探る際に、とても重要です。さらに、物理プランの一部を変更してクエリを再実行してみる、ということも可能です。

物理プランを EXPLAIN で表示してみましょう。今度は WITHOUT IMPLEMENTATION をつけていません。

0: jdbc:drill:zk=local> EXPLAIN PLAN FOR SELECT type t, COUNT(DISTINCT id) FROM dfs.`/tmp/donuts.json` WHERE type='donut' GROUP BY type;
+------------+------------+
|   text    |   json    |
+------------+------------+
| 00-00 Screen
00-01   Project(t=[$0], EXPR$1=[$1])
00-02       Project(t=[$0], EXPR$1=[$1])
00-03       HashAgg(group=[{0}], EXPR$1=[COUNT($1)])
00-04           HashAgg(group=[{0, 1}])
00-05           SelectionVectorRemover
00-06               Filter(condition=[=($0, 'donut')])
00-07               Scan(groupscan=[EasyGroupScan [selectionRoot=/tmp/donuts.json, numFiles=1, columns=[`type`, `id`], files=[file:/tmp/donuts.json]]]) ...

各行の先頭には

<Major Fragment ID>-<Operator ID>

という番号が割り振られています。Major Fragment というのは、クエリ実行のフェーズを表す抽象的な概念です。Major Fragment には1つ以上のオペレーターが含まれますが、Major Fragment 自体がタスクを実行するわけではありません。Drill のクエリプランでは、クラスタノード間でデータの交換が必要になるポイントで Major Fragment が分けられます。オペレータはフィルタリングやハッシュ集約などの処理そのものです。

Drill Query Execution: Major Fragments
https://drill.apache.org/docs/drill-query-execution/#major-fragments

さらに、より詳細な調査が必要な場合には、INCLUDING ALL ATTRIBUTES をつけることでクエリプランの選択の根拠として使われたコスト情報に関する情報が表示されます。予想される処理行数、CPU、メモリ、ディスク I/O、ネットワーク I/O リソースの見積もりを確認することで、そのクエリが効率的に実行されるかどうかの判断の助けになります。

0: jdbc:drill:zk=local> EXPLAIN PLAN INCLUDING ALL ATTRIBUTES FOR SELECT * FROM dfs.`/tmp/donuts.json` WHERE type='donut';
+------------+------------+
|   text    |   json    |
+------------+------------+
| 00-00 Screen: rowcount = 1.0, cumulative cost = {5.1 rows, 21.1 cpu, 0.0 io, 0.0 network, 0.0 memory}, id = 889
00-01   Project(*=[$0]): rowcount = 1.0, cumulative cost = {5.0 rows, 21.0 cpu, 0.0 io, 0.0 network, 0.0 memory}, id = 888
00-02       Project(T1¦¦*=[$0]): rowcount = 1.0, cumulative cost = {4.0 rows, 17.0 cpu, 0.0 io, 0.0 network, 0.0 memory}, id = 887
00-03       SelectionVectorRemover: rowcount = 1.0, cumulative cost = {3.0 rows, 13.0 cpu, 0.0 io, 0.0 network, 0.0 memory}, id = 886
00-04           Filter(condition=[=($1, 'donut')]): rowcount = 1.0, cumulative cost = {2.0 rows, 12.0 cpu, 0.0 io, 0.0 network, 0.0 memory}, id = 885
00-05           Project(T1¦¦*=[$0], type=[$1]): rowcount = 1.0, cumulative cost = {1.0 rows, 8.0 cpu, 0.0 io, 0.0 network, 0.0 memory}, id = 884
00-06               Scan(groupscan=[EasyGroupScan [selectionRoot=/tmp/donuts.json, numFiles=1, columns=[`*`], files=[file:/tmp/donuts.json]]]): rowcount = 1.0, cumulative cost = {0.0 rows, 0.0 cpu, 0.0 io, 0.0 network, 0.0 memory}, id = 883 ...

例えば、前回の記事ではジョインの最適化について書きましたが、Distributed Join が選択されるのか、Broadcast join が選択されるのか、その選択の基準になったコスト情報はどうか、ということをクエリプランから読み取ることが可能です。

最後に、Drill が生成した物理プランを変更し再実行するハッキングの方法を紹介します。パフォーマンスの向上を模索するときに、一部のオペレータを変えてみたらどうなるのか、を確かめたいときに役に立ちます。

  1. EXPLAIN PLAN FOR をクエリの先頭につけて、物理プランを表示する
  2. 物理プランの JSON 出力をコピーして、直接プランを望むように編集する
  3. Drill の Web UI(http:// <Drillbit が動作するノード>:8047)にアクセスする
  4. メニューバーから Query を選択する
  5. Query Type のラジオボタンで PHYSICAL を選択する
  6. Query 欄に編集した物理プランをペーストして Submit をクリックする

f:id:nagixx:20151220005054p:plain